インデックス確認「siteコマンド」の使い道

インデックスは、検索結果に表示される事を認められた事になりますので、
ページを作成したら、インデックスしてもらうことから始まります。

つまり、インデックスされないと言う事は、
検索結果に表示されることは無いと言うことです。

キャッシュとは、検索エンジンのデータベースに登録された事を意味しており、
インデックスされたことになります。



キャッシュ確認
「site:コマンド」を使うことで、キャッシュ(インデックス)されたページを
探す事ができます。

「site:コマンド」は、指定したURL内に絞って検索する時に使います。


「site:http:// ○○○.com/」


と、検索欄に打ち込むと、
指定したURLのキャッシュ(インデックス)されてるページの一覧が表示されます。


画像の説明

表示されてる一覧は、インデックスされてるものなのですが、
その中でも、評価の高いページ順に、上から掲載されてます。

ですので、そのwebサイトの中で、どのページが、検索エンジンから評価され、
強いページになるのか判断できる事になります。

キャッシュされた日を確認する場合は、「キャッシュ」をクリックすると
最後にキャッシュされた日付が記載されております。


画像の説明



「site:コマンド」でインデックスを確認するのに有効な手法

「site:コマンド」でインデックスを確認するのに有効な手法なんですが、

ただ、実際、目視で確認する事もあって、
ページ数の多いwebサイトでは、中々確認するのも用意ではありません。

ウエブマスターツールでも、「site:コマンド」を進めております。
ウエブマスターツール|Googleインデックスに登録されていることを確認


使い方としてのポイントとしては、

全てのインデックスを確認すると言う事ではなく、
特定のページが、どの程度強いページとして認識されてるのか確認します。

もちろん、全てのページがインデックスされ、
上位表示される事に越した事はありませんが、

webサイトの中でも、このページだけは、上位に来てほしい
と、思うページがいくつかあると思います。

当然、上にきてるページは、検索エンジンに評価されてる訳ですから、
クローラーも頻繁にきてくれる可能性も高いですので、

そう言った意味でも
まずは、強化したいページを、内部リンク等で対策することができます。

強いページからのリンクを貼る事で、クローラーに送ることも出来ますし、
評価もしてくれることを期待できます。

ピンポイントで、インデックス状況を確認

「site:http:// ○○○.com/ディレクトリ/」
「キーワードsite:http:// ○○○.com/」

と言ったように、「ディレクトリ」や「キーワード」の組み合わせで
ピンポイントで、一覧を表示させる事も可能です。

ですので、ページ数が多くて、分かりづらい場合などは、
ピンポイントで、切り分けて表示させて確認することが望ましいです。



この様に、インデックス確認 キャッシュチェック

「site:コマンド」を使うことで、様々な、戦略を立てることが出来ると言えます。
また、意図的でないにしろ、グーグルのガイドラインに違反(スパム)等は、
インデックスから削除されてしまいます。

そういった場合でも、「site:コマンド」で確認する事ができます。

  • インデックスされたページの数値を把握できる
  • 上位に表示されてるものが、評価が高い
  • インデックス削除の確認が出来る
  • 重複のURLを発見できる
  • タイトル・説明文の確認が出来る


「site:コマンド」は、ある程度、有効に活用できます。
ですが、これは、100%と保証されてるものではないようです。

あくまでも、目安として認識していく形となります。

また、この「site:コマンド」は、
「Google Yahoo! Bing」と言った検索サービスで使うことが出来ます。