ウェブマスターツールでよく使う機能の使い方

Googleが提供してる、サイト運営者の必見ツール


webマスターツールでは、ありとあらゆる機能が満載で、
クローラーの状況やリンクに関する情報などが確認できます。


もう、必ず登録しなければならないほど、重要となるツールです。
SEO対策に役立つ機能が搭載されていますので、是非活用してみて下さい。








ウェブマスターツールにサイトを登録

運営してるサイト(URL)を、ウェブマスターツールに登録する場合は
サイト毎に、所有者の確認する必要があります。

こちらで、登録方法などを解説してます。




サイトマップの送信方法

サイトマップの送信は、ただクローラーの巡回を待つのではなく
こちらから、サイトの更新状況を伝えることが出来ます。

こちらで、登録方法などを解説してます。




Googleからのメッセージ

ウェブマスターツールにサイトを登録すると
管理者にGoogleからメッセージが送信される場合があります。


ここでは、設定で変更した内容や、
サイトで重大な問題が発生した場合に、メッセージが送信されます。


中でも、ペナルティ関係の警告などのメッセージも含まれて降ります。
例えば、「不自然なリンクに関する警告」であったりする場合もあるので、


Googleから重大のメッセージを、見逃さないでおく必要があります。




使用するドメイン

ウェブマスターツールの設定で、使用するドメインを選択できます。
要するに、「wwwのあり、なし」の設定です。

重複するページを回避する為の設定ですので、おすすめします。

こちらで、登録方法などを解説してます。




Fetch as Googleで、インデックスに効果バツグン

「Fetch as Google」で、ページのURLを送信する事で、
早くインデックスをしてもらえる事に、期待が持てます。

重要なページを、通常24時間以内に、クローラーを呼び込めるので、おすすめします。

こちらで、登録方法などを解説してます。




検索クエリで確認

「検索クエリ」では、訪問者がどの様な検索キーワードで、
サイトに辿りついたかを、確認する事ができます。

「表示回数」「クリック数」「CTR」「平均掲載順位」
などなどを、確認する事が出来ます。

こちらで、登録方法などを解説してます。

  • 検索クエリで確認