ページランクと良質なリンクの関係

ページランク(PageRank)とは、「PR」と略されてもいて、

Google(グーグル)が開発された独自の指標で、webサイトの重要度を数値で表現し、
webサイトの重要度を「ランク0」から「ランク10)と11段階で、評価してます。




リンクポピュラリティを重視してるGoogle(PageRank)

ページランク(PageRank)には、リンクポピュラリティを!

リンクポピュラリティとは、
「より多くのリンク、質の良いリンクからのコンテンツは、人気サイトと評価する」



リンクの量と質で、そのコンテンツの重要を測り
「多くのリンクが集まってるコンテンツは、より評価されている、人気がある」
と判断しています。



で、当然、リンクの数だけではなく、
良質なリンクが、最も評価対象に大きく影響します。



要するに、
「良質のページからリンクされていれば、そのページも良質なページである」
と評価され、ページランクに示されます。



但し、「リンクを購入」と言った行為は、
逆にページランクを下げしてまいます。



ページランク(PageRank)は、Googleのツールバーに、記載されており
通常、3ヶ月に1回の割合で、ページランクの更新を行ってる、
アルゴリズムの要素の1つでもあります。



が、ツールバーに表示されてるランクと、実際にリンクの評価してる、
Googleの内部データのページランクは別物のようです。



以前、ウェブマスター向け公式フォーラムの中で、Google社員のミューラー氏
の発言がありました。

  • 「ページランクはSEOには意味がないよ」発言
    ツールバーに示すPageRankは、我々が内部で使用しているPageRankは (継続的に更新されている)、以前のスナップショットです。
    ツールバーのPageRankの変化があなたのサイトのクロール、インデックス、またはランキングで何も変更しませんので、ウェブマスターとして、私は強く、何か他のものに焦点をお勧めします。
    
    あなたは、PageRankの受け渡しのリンクを販売する、これが私たちのウェブマスターのためのガイドラインに反していることに留意するための手段としてのPageRankを使用している、となり、検索結果におけるサイトのランキングに影響を与える可能性があります。 



    ですので、ツールバーに表示されてるページランクの変化に、
    必要以上にこだわる必要はないようです。





ページランク(PageRank)の最適化

ページランクの最適化
ページランクの評価は、あくまでもそのページに対しての評価であり、
サイト全体のものではありません。


ですので、1ページ、1ページの最適が必要になります。


リンクの「量」「質」に関わってるくことなんですが、
このリンクと言うのは、外部リンクだけが当てはまる訳でもありません。


もちろん、外部のサイトからの良質な被リンクは、効果が大きいでしょう。
ですが、内部リンクも、評価の1つになります。


そう言った意味では、内部リンクの最適化も重要です。


ポイントとしては、ページランクの高いページに、ページランクを上げたいページを
リンクする事で、注意するのは、ページ同士の関連性を重視する事になります。





リンクの質

リンクの質とは

  • ページランクが高く、尚且つ、コンテンツが充実してるwebサイト
  • 自分のサイトのページランクより高いもので、尚且つ、関連性が高いwebサイト

その他にも、ドメイン年数など、いくつか要素はあると思いますが
ページランク(PageRank)を上げるのに、有効なのは、上の2つがポイントになるのではないでしょうか





ページランク(PageRank)が直接、検索上位に影響する訳ではない!

検索結果のアルゴリズムは、リンクだけのものではないので、
ページランクが高いからと言って、必ずしも上位表示される訳ではありません。


全く無視する事はできませんが、ページランク(PageRank)は、
言うほど、検索結果には影響されてません。



ページランク(PageRank)は、内部リンク・相互リンク等でも
ある程度、ページランクを上げる事は可能です。


ですが、検索上位に大きく影響するのは、
本当に質が良い被リンクを、もらわなければなりません。


 

リンクの質にしても、アルゴリズムの更新毎に、
質のレベルも上がってるようにも思えます。