被リンク対策(バックリンク)について

被リンク対策として、
たくさん外部のサイトから、バックリンクしてもらうことが、
ほとんどの方が理解していると思います。

但し、リンクの数だけでなく、リンクの質を更に重視すべき!

「被リンク数だけ」の時代ではない!
以前は、外部からの被リンクを、大量に増やすだけに重点を置いてましたが
今では、「リンクの質」の重要度を判断します。



検索エンジンのアルゴリズムが、
順位付けをする際に「外部リンク」の質と数を計算しているからです。



要するに、「Googleのアルゴリズム」である、ある一定の基準を満たしたページは、検索エンジンによって、上位に表示するか下位に表示するかを決定されます。



被リンクは、検索上位表示の大きなカギ
検索エンジンは、その基準の中で、何百項目以上あると言われている、「アルゴリズム」の1つとして、バックリンクの要因があり、被リンクの効果が挙げられます。





検索順位に、最も影響を与える「評価の高い質の良い」被リンク(バックリンク)とは
被リンクにも効果のある被リンクとそうでない被リンクがある

  • あなたのページと同じジャンルからのリンク
  • 更新頻度の高いサイトからのリンク
  • googleページランクが高いサイトからのリンク
  • Yahoo!カテゴリに登録されているサイトからのリンク
  • オールドドメインのサイトからのリンク(歴史が古い運用歴のある)
  • クラスC以上でIPアドレスが分散された重複しないドメインからのリンク

質の悪い被リンク10,000 ≒ 質の高い被リンクを10
「質」の善し悪しで、検索エンジンからの評価が断然変わります。

ですので、いかに質の良い被リンク(バックリンク)を集めたいものです。




被リンク(バックリンク)の「質」は、まず、関連性があるサイト!

間違ってはならないのが、関連性のあるサイト
この中でも、1番注意したいのが、
関連性の高いサイトからの被リンクがポイントになるかと思います。


関連性がある前提で、その他の「質」が生きてきます。



ここで注意しておきたいのが、サイトのテーマが合っているか!
テーマに関連したサイトからの被リンクのほうがより高い評価を受けます。



例えば「相互リンク」など「被リンク」をもらう方法は、いくつもありますが、



たとえ、ページランクが低いサイトでも、同じジャンルからの「被リンクであれば」
十分効果はあります。(※ページランク0は、弱いです。)