SEOのアルゴリズム|スコアリング

webサイトを評価するスコアリング

Googleなどの検索エンジンにおいて、
検索表示の順位を決定づける理論(ロジック)は、公開されていません。

が、webサイトの評価(ランク)は、スコアが高いほど、検索順位に大きく働きます。

要するに、検索エンジンに、インデックス処理が行われると、
そのwebサイトのスコアリングが行われ、基準に基づいて、評価される形になります。




Google 検索エンジンの順位を決める基準

アルゴリズムとは、厳密に言うと、
「特定の目的を達成する為に、効率良く定式化された処理手順」です。

Googleをはじめ、検索エンジンは、
検索結果の順位のランキング付けする為のルールが「アルゴリズム」に集約され、

要するに、「アルゴリズム」に従ったルールで、
キーワード検索で上位に表示される順位を決定してることになります。



先にも申しましたが、「アルゴリズム」のロジック
理論・計算方法などの詳細は公開されてません。

それどころか、「アルゴリズム」何百・何千とあり、相当細かい設定のなか
随時、頻繁に、「アルゴリズム」の更新を行ってます。

「パンダ・アップデート」「ペンギン・アップデート」などは
耳にしたことがあると思いますが、それも「アルゴリズム」の1つです。



ただ、「アルゴリズム」と言っても、
「Googleウェブマスターツール」や「関連サイト」等で、
「アルゴリズム」のヒントになる様な情報は公開されてます。




検索エンジンのコンセプト、目的

根本的には、世界中の情報体系を整理して、
検索結果と共に、最適な情報を提供させることです。


もちろん、検索エンジンは、「Google、Yahoo!、Bing」なども含めて、
いろんな形で、サービスの展開もしてます。が


基本的には、キーワードを入れて、検索すると、目的のページの一覧を表示され、
一般ユーザーが目的とする、webサイトを探すのに役立つものを提供します。



で、検索エンジンの最も大きな収益源である広告が表示されます。



ですので、検索エンジンは、検索してほしい!
と思ってる訳です。

と言うことは、当然
「やっぱ、Googleの検索結果は、役立つわ!」
と、思ってほしい事になります。



要するに、たくさん検索してもらう事で、収益源にも繋がります。
無料で提供してる検索サービスは、広告費で運用されてる事になります。


そう言った意味でも、
検索リクエストには、役立つwebサイトを表示させたい訳です。


ユーザーが求めている、webサイトを上位表示を
させなければなりません。



信頼される検索サービスを提供するのが、最大の課題になります。
で、検索エンジンの一番の敵が、スパムです。


探してる情報を、的確に検索結果を表示させたいのに、
スパム(不正な方法を使って、行為に上位表示させる)事で、
検索サービスを荒らされてしまいます。



検索エンジンは、人の目を使って評価する事が不可能ですので、
厳重に取扱われてる様々な「アルゴリズム」のルールに基づいて、
優良なコンテンツを評価することになります。


と同時に、低品質のコンテンツを排除する事を目的に
「アルゴリズム」を、日々更新させております。



Yahoo!は、以前は(2010年11月)
独自の「アルゴリズム」を使ってましたが、現在は、Googleの「アルゴリズム」を
利用してる事もあり、ほぼ、95%は、同じ検索結果になります。


ですので、日本国で、webサイトを運用して、検索表示を優位に展開させるには、
Googleの「アルゴリズム」に基づいたサイト作りで、高品質のコンテンツを、
目指す事になります。

Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について