SEO対策 知っておきたい内部対策


SEO対策の目的は、
「いかにして上位に表示させて、アクセスを集めるか?」


検索結果で上位表示できなければ、
そのサイトは存在しない!に、等しいとまで言われます。


アクセスアップには様々な手法が存在しますが、
内的要素は、検索エンジンで上位表示されることで、安定したアクセスを
獲得できる手法でもあります。




  • 内的要素とは

上位表示を目指すにあたって、サイト内で関わってくるページ内に、含まれる要素を、
最適化することによって、検索エンジンからの評価要因になります。


サイトのHTMLソースのSEO対策です。


検索エンジンが理解しやすいHTMLの記述・構造になってるか、
webサイトが、どの様なテーマ(キーワード)で書かれてるかを伝える事になります。



内部要因には、
ページ内の構造やキーワード、タグ、内部リンクなどあげられます。


「titleタグ」「metaタグ」「hタグ」「キーワード出現頻度」「アンカーテキスト」「内部リンク」などなどです。



それらはすべて自分自身で操作可能な範囲ですし、
SEO対策において非常に重要なポイントが、たくさん含まれてます。




  • 表示順位を決める要素にはアルゴリズム

Googleなどは、検索した場合の、
表示順位を決める要素にはアルゴリズムで決められていきます。


要するに、何番目に表示するのかということを、
数百項目に及ぶ評価項目のなかで、
それぞれのページの様々なデータを分析し決定していきます。


また、このアルゴリズムは、常時更新・変更されていますので、
検索結果の順位が変動するのは、このアルゴリズムの更新によるものです。
ただし、検索エンジン側では、これらの情報は一切公表してない。


Googleのアルゴリズムの変更進度は多く、
アルゴリズムが変更し、またペナルティのための、フィルターを導入したりします。


しかしながら、検索エンジンのアルゴリズムは、
主に内部要因と外部要因に分けて考えており、これらの要因から、

ページの信頼性、充実度、人気度などを判断し検索結果の表示順位を決定しており、
その中でも「質」が重要になってきております。



内部対策において、重要な要素は!

  • webサイトのタイトル
  • 記事のタイトル
  • コンテンツの質(文字数 + オリジナル)
  • 内部リンクの充実化
  • 記事の更新頻度


内部対策を行う上で、この5つが
最も重要になると思います。


まずは、ご自身で対策できる範囲なので、
内部対策もしっかり反映させていくことをオススメします。


a:523 t:1 y:0